カミさんと原宿デート【1】思い出の、国立代々木競技場(代々木体育館)へ!


文化の日、カミさんから おデートに誘われました。
行先は、、ななんと原宿だそうです。
そ、そんなワカモノの街にぃ?
ワタクシどもに似合うのは巣鴨、、、いえいえ、まだソコまでは。。。
ぢゃ、ぢゃあ、恵比寿でビールを呑むってのは どうでしょう。
え、ヨソぢゃダメ? 原宿でキマリ?
さいですか。 

SMWG2370.JPG

東京メトロ・副都心線の、表参道駅に降り立ちました。
地上に出ると、そこはラフォーレ原宿の真ん前。
我々には場違いです。全く場違いです。
なにしろ、バイクで山野を駆け回っていた夫婦ですから。。
ぢゃあ、何しに来たのかですって?
代々木体育館で行われる、パラバドミントン世界選手権を見る為。。
カミさん推しの選手が出場するんですって。

AMIF5402.JPG

原宿駅を目指し、表参道の坂(西側)を登る我が家。
ここは実家住まいだった頃の通勤ルートで、毎日バイクで通った道なんです。
もはや懐かしさを通り越してますよ。昔過ぎて。。
冬場になると街路樹が電飾で飾られる光景が有名ですが、
まだまだ、その準備すら始まっていません。
点灯するのは12月1日からだそうです。

LANM3677.JPG

南国酒家がありました。原宿本店です。
ココは懐かしい!!
カミさんとの結婚が決まった際、家族どおしの顔合わせの為、
この店で両家の食事会が行われたんです。
ウチのアニキが予約してくれました。
ああ、なんだか昨日のようですね。
当時のワタクシもカミさんも、、、、
その後に起こった あんな事、こんな事は知りません。
もし、伝達する手段があったならば、、、
キミタチの夫婦生活は、けっこうシヤワセだよと教えてあげたいです。。
あ、、2022年までに限った情報ですが。。

SIVC8031.JPG

原宿駅です。こんな顔になってしました。
あのモダンだった欧風建築も、今はいずこ。。
老朽化対策での建て替えは必要だったのでしょうけれど、
何を目指して、こんなデザインになってしまったのでしょうか。
なんだか新興都市の図書館みたいで。。
ウワサには聞いていましたけれど、、
実際に見るとアゼンとするばかりです。

IFXD1647.JPG

駅のすぐ横が、明治神宮の入口です。
韓国でのハロウィンの惨劇のニュースに接した時、
真っ先に、ココで経験した出来事を思い出しました。
ワタクシが、小学校低学年ぐらいだった頃でしょうか。
大晦日から元日に変わった直後の深夜、初詣として家族で明治神宮に来たんです。
参拝客の数は尋常ではなく、まさに おしくらまんじゅう状態。
暑くて脱いだ上着は、人混みに剥ぎ取られて地面に落ちました。
でも、それを拾う事が出来ないんですよ。
カラダは、自分の意志とは無関係な方向に押し動かされるばかり。
これはキケンだと判断した父親が、現場から離れる事を決断し、、、
上着は犠牲となりつつも、どうにか明治神宮から脱出する事が出来ました。
群衆雪崩の直前って、あんな感じだったのでしょうね。
犠牲者の冥福をお祈りいたします。

AMWC9440.JPG

山手線の線路をまたぐ橋の欄干に、1964東京オリンピックのレリーフがありました。
代々木体育館では、水泳とバスケットボールが行われたそうです。
水泳は第1体育館、バスケは第2体育館ですね。
2020東京オリンピックでも、第一体育館でハンドボールが、
続くパラリンピックでは、車いすラグビーとバドミントンが行われています。

AMIO8241.JPG

その橋の下を走り抜けていくのは、成田エクスプレス。
「コ」のアオリで日本が鎖国状態になった際は、日中の便は全て運休。
だって国際線の航路は殆ど運行していないんですから。
朝夕だけ、成田界隈の住民用の通勤特急として運行していた次第です。
今は、かなり復活し、、、
こうやって昼間の山手貨物線を疾走している訳ですね。
がんばれ! 成田エクスプレス!

AWQD2530.JPG

国立代々木競技場に到着しました。
ここも、ヒジョーに懐かしい場所なんです。
ワタクシが小学校6年まで通ったスイミングクラブは、
自前のプールを持っていませんでした。
アチコチのプールを借りて練習する流浪のクラブでしたけれど、
基本的には、この代々木競技場のプールがメインでした。

LNIY2019.JPG

第一体育館は、夏はプール、冬はスケート場として使われました。
春秋は、床板を敷いて体育館になる仕組みです。
我がスイミングクラブは、常設の50mサブプールを使いましたが、
時々、このメインプールで泳ぐ事もあったんです。
1度だけ、ダイビングプールでの練習もありました。
もちろん、飛び込んだりはしませんですよ。

プール仕様の時の第一体育館。Bリーグ公式サイトより

puru.jpg

ダイビングプールでの練習の際、ちょっと異変がありました。
飛び込み用なので、このプールの深さは5m。
プールの底は水の屈折で歪み、、まるで底なしに感じられるんです。
そしたら、1日の練習で何キロも泳ぐ練習生たちが、次々と溺れたんですよ!
底なしの恐怖感にヤラレるのでしょうね。
ワタクシは溺れはしませんでしたけれど、、
泳ぎ切ってプールサイドに手をかけたツモリで、
まだ距離が足りなくて空振し、パニックったりしました。。。
一刻も早く安全な場所に着きたいというキモチが、距離を見誤らせたんでしょうね。
それも、良い思い出です。

QZZN6343.JPG

第一体育館の入口に到着。
「ヒューリック・ダイハツ BWFパラバドミントン世界選手権2022」
などと書かれたゲートが設けられていました。
ワタクシ、バドミントン以外の全ての競技を含めて、、、
ワールドカップと呼ばれる大会を生で見るのは初めてです。
世界の頂点が決まる攻防、、、わくわく。
なお、この大会を観るには事前登録が必要ながら、入場は無料でした。

VQJV3903.JPG

第一体育館の中は、こんな感じです。
もちろん、床は体育館仕様ですね。
ただ、、、常に存在していたハズの、飛び込み台の姿が見えないんです。
ココまでタレてきたノーガキは、全て記憶違いだったのでしょうか。。。
などとアセりまくり、、、帰宅後に調べたら、、、
1993年に辰巳の国際プールが完成し、コチラのプールは利用休止。。
後にスケート場も休止となり、2006年からは体育館専用となったんですって。
飛び込み台は2002年に撤去されたのだとか。
50mサブプールだけは現存し、ただし団体への貸出用だそうです。
ああ、色々なものが昔話になってしまう。。。
でわ、、気を取り直してバドミントンを観ましょうか。。

CJXX3124.JPG


この記事へのコメント

  • かにょにょ@横歩き

    なるほど!
    当方千駄ヶ谷と原宿のちょうど中間の現場に通っていたことがあり原宿周辺はチト懐かしい場所であります。あの原宿のカワイイ駅舎がなくなってしまったのですね。そして50メートルプールは今は使われていないとのことですね。仕事帰りに時々泳いでいました懐かしいです。数えてみれば30年の月日が経っているわけで設備が残っているだけでもありがたい感じです。スイミングの生徒さんでも深さ5メートルプールで溺れるのですね。床の模様が見えないところで泳ぐのは感覚が狂いますね。水温も低かったのでは。。。さぞや怖かったろうと想像しちゃいます。
    2022年11月07日 18:25
  • おぎひま

    かにょにょ@横歩きさん、コメントありがとうございます。


    そうですか、あのプールで泳がれていましたか。
    一般公開していないだけで、まだプールとしては現役みたいです。
    状況が変れば、まだ懐かしく泳げるかもしれませんね。
    2022年11月08日 09:23

この記事へのトラックバック