冬の定番! 木曜日は おでんの日【2】トォちゃん登場! 讃岐風おでん!


木曜日は、おでんの日。
その日は朝から おでんをシコむ為、水曜日には材料を揃えなければなりません。
なので、、、トォちゃんおでんかカミさんおでんか、
ソレを決めるファイナルアンサーは、水曜の朝。
で、、、この週のマナムスメさまの裁定は、、、
「カァちゃんおでん!!」
これで、3週連続でカミさんおでんになりました。無念。。

DMQK6587.JPG

まあ、いつものおでんです。
マナムスメめ。。。さては安定を求めているのですな。
でも、、それでは進歩がありません。
来週こそ、トォちゃんに作らせてくれたまい。ね、ね、ね、ね、
それは、来週の水曜日に決める?
あくまでも、ソレですか。。。

GZFR4089.JPG

この週のアフターおでんは、トマト鍋。
美味しいんですよ、これがまた。
食べるのは金曜の夜ですから、、
コレで一週間の疲れを癒せましょう。ああ、ワインがウマい!!
で、、、その週末が終わり、、
再び水曜日の朝。おでんドラフトのご使命は、、、、
「今週はトォちゃんおでん。。。」
やったぁ!! 頑張るどぉぉぉ!

TYQA9699.JPG

待ってましたのトォちゃんおでん。
果たして、今回のお題は、、、コレ! 讃岐おでんです。
弁当のオカズの買い物時に存在に気がつき、、、
負け続けている間に、ひそかに構想を暖めていたんです。
思いっきり、讃岐を味わおうぢゃないですか!
家族で四国遠征してから、もう3年も経っちゃったのですね。。
その時は、おでんは食べていませんでしたっけ。。

IPCC1609.JPG

紀文の、ご当地おでんシリーズ「讃岐風おでん」。。。
1袋で1人前ですね。その中のタネを確認しますと、、、
じゃこ天、讃岐風てんぷら、大根、玉子、こんにゃく、焼きちくわ。
地域色を感じるタネは、最初の2つぐらいですな。
汁にも讃岐のウリがあるらしく、、、いりこ出汁を謳っています。
それと、、「おでん甘味噌だれ」付きとあり、そのあたりも讃岐なのでしょうか。

FLXS1664.JPG

中身の実物は、こんな感じです。
1人前にしても少なく、これでは単独でオカズになりません。
翌朝のおでんや、鍋の材料にもならないでしょう。
なので、これを3人分だけでなく、他にタネを買い足しました。
買い足した分のほうが多いかもしれません。

LNUE6204.JPG

で、コレが、、久々のトォちゃん作の讃岐風おでん。
讃岐の部分は鍋の底に沈み、、、ゲストしか見えていない状態です。
ただ、テキトーに好みで足した訳ぢゃないですよ。
紀文の公式サイトに「日本のご当地おでん」というコーナーがありまして、
その中には「高松風おでん」も紹介されているんです。
白天、里芋、牛筋が特徴的なタネとありましたので、
ソレに従って牛筋を入れました。
白天は入手できず、、、里芋はマナムスメが嫌いなので却下されました。。

LNYC3316.JPG

これが、讃岐風のセットに入っていたタネ。
じゃこ天、讃岐風天ぷら、大根、玉子、コンニャク。
さっそく、添付の味噌ダレにつけて食べました。
正直なところ、、、
これが讃岐のおでんだぁ!!!
などとコーフンするシーンはありません。。
里芋を使えれば、もうちょっと違ったような。。

POQW5202.JPG

讃岐風おでんの名誉を守る為、、、
清く正しい高松おでんの写真を紹介しておきましょうか。
紀文アカデミーからの借用です。
ううむ。ひとつひとつ串に刺すのも、雰囲気が出たかもしれませんですね。。

takamatsu_nabe.png

そんな讃岐風おでんも、、翌日はカレー鍋になりました。
讃岐風カレー鍋? 
展開的にはソレですけれど、、ほとんど讃岐の要素は残っていません。。
汁には、僅かながらでもイリコ出汁が残っていましょうかね。
でも、どのみちカレーには負けてしまいましょうか。。

ADDO1377.JPG

土曜日の朝。
讃岐風おでんとカレー鍋の最終形態がコレ。
その名も讃岐風カレー雑炊です。
こうなっちゃうと、、、朝とは言えビールが欲しいところ。
あ、お出かけする時にはガマン、、、もしくはノンアルですよ。

RHZL7170.JPG

鍋はカレーとトマトだけ? そうではありません。
それは、あくまでもアフターおでんの鍋だけです。金曜の夜の。
土曜日や日曜の晩メシに鍋が登場すれば、
ソレは、あぁんな鍋や こぉんな鍋。。うっふぅん。。
いずれ、それも紹介させていただきますね。

VDEM6897.JPG



この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    やっと、おぎひまさんの「おでん」が登場しましたね。
    何々、讃岐風おでん!紀文は色んなのを発売しているんですね。
    やはり、ご当地の具材と出汁が決め手のようですが、追加する具材が多過ぎるとは讃岐風になりませんでしょう(^_-)-☆
    以前よく食べていた具材は、焼き豆腐、がんもどき、ゴボウ天(巻き)、じゃがいも、たこ、高額になるとロールキャベツや鯨のコロでしたが、コロが手に入らなくなったのが淋しいです。
    2022年11月21日 09:59
  • かにょにょ@横歩き

    ?ナイス!
    紀文のさぬき風おでん探してみまーす
    (座間は田舎なので新製品が周回遅れなのが草でございます)
    2022年11月22日 05:04
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    そうですね、名前だけ讃岐で、中身はいつもの我が家風になった感じです。。
    紀文アカデミーによりますと、、
    豆腐やガンモは京都風、御坊巻きやタコ、コロは大阪風、
    ロールキャベツは福岡風となるもようです。
    ああ、またおでんを食べたくなってきました。。

    >
    >こんにちは!
    >やっと、おぎひまさんの「おでん」が登場しましたね。
    >何々、讃岐風おでん!紀文は色んなのを発売しているんですね。
    >やはり、ご当地の具材と出汁が決め手のようですが、追加する具材が多過ぎるとは讃岐風になりませんでしょう(^_-)-☆
    >以前よく食べていた具材は、焼き豆腐、がんもどき、ゴボウ天(巻き)、じゃがいも、たこ、高額になるとロールキャベツや鯨のコロでしたが、コロが手に入らなくなったのが淋しいです。
    2022年11月22日 09:21
  • おぎひま

    かにょにょ@横歩きさん、コメントありがとうございます。


    紀文の同じシリーズで、讃岐風おでんの他に、
    静岡風おでん、名古屋風味噌煮込みおでん、
    そして名古屋名物赤からおでん、、
    そういうのもあるみたいです。
    2022年11月22日 09:26

この記事へのトラックバック