ああ、懐かしの特急寝台電車、、、583系


583系、、ワタクシが大好きだった鉄道車両です。
それまでの寝台列車は、機関車が客車を引っ張るのがフツーでしたが、、
スピードアップを目指して、初めて登場した寝台付きの電車がコレなのです。
ベッドを座席に切り替えて、昼の特急としても走ったダブルワークの働き者。
ワタクシも、北海道や九州への行き帰りなど、何度か利用しました。
寝台列車としては急行「きたぐに」に使われたのを最後に、
2013年には廃車となったそうです。
先月、、「乗りものニュース」の写真で車内の様子を見て、
とっても懐かしくなりました。
(写真は、すべてネット上からの借りものです。引用元は分末に。)

001.jpg

これが、昼間の姿、、座席仕様です。
ベッドに切り替える為の構造上、座席は4人ずつのボックス席になってしまい、
なんだか急行列車の座席みたいだと言われていました。
特急は2人ずつってイメージですもんね。
ワタクシは昼間の特急として乗ったのは1回だけ。
長距離では無かったので(直江津から新潟まで)、特に不便は感じませんでした。

large_kytpp_06.jpg

ベッドに切り替えると、こんな感じです。
上・中・下の3段式。
4人分の座席が、3人分の寝床になる訳ですね。
真ん中の通路を挟んで、両側がこんな感じになるんです。

large_kytpp_07.jpg

これはオモシロい写真ですね。
片側だけ座席、そして片側がベッドにされています。
通常の営業では、あり得ない姿ですよ。
かつて長距離の寝台列車は、昼間と夜の境目に係員が乗ってきて、
ベッドと座席を切り替えてくれたそうです。
やがて、合理化の為に走行中の切り替えは廃止され、、、
寝台仕様の列車は、始発から終点までベッドのまま。
目が覚めても、転がっているしかありませんでした。

0-05.jpg

これは、ベッドに切り替えられた時の下段。
4人用の座席の部分をそのまま一人で独占する訳ですから、
とっても広いです。2人ぐらいラクチンに寝転がれましょう。
窓も独り占め、テーブルもあり、、従来のA寝台クラスのイゴコチですね。
値段は中段・上段よりも500円ほど高かったですが、それでも人気抜群で、、
すぐに満員となるので、1回ぐらいしか利用していません。

large_kytpp_08.jpg

これは中段。
幅はそこそこありますけれど、、、何しろ天井が低いんです。
体を起こすとアタマがつっかえますから、
ココで晩酌しようとしたら、前かがみの体育すわり。
小さなスライド窓からでしか、外の様子も見えません。
寝転ぶ事はラクチンなのだと心に言い聞かせながら、
ひたすら下車駅を待つしかありませんでした。

large_kytpp_09.jpg

上段は、さらに過酷です。
屋根の丸みが迫ってきて、圧迫感は棺桶クラス。。
高さは中段と同じ680mmとの事ですが、
コチラはアタマがつっかえずに座れたような記憶があります。
外の景色は、やはりスライド小窓。
中段よりも窓の位置が低いので、寝転がりながら外が見えました。

0-08.jpg

中段には、ラッキーなベッドがありまして、、、
屋根にパンタグラフがついている車両は、その部分は3段にできず、
1列車に6か所だけ、上段ナシの中段があるんです。
これが、そのスペシャル中段。
ココだけ下段よりも高さがあり、余裕でアタマがつきません。
2回ぐらいココに当たりましたけれど、とっても快適です。
窓は、相変わらずのスライド独房窓ですが。。。

0-14.jpg

窓の具合を外から見ると、こんな感じですね。
下段の客が、緑矢印の窓を独占です。
目が覚めたら、ベッドに座って車窓からの景色も楽しめましょう。
余裕で、弁当もお茶も、、そしてビールも呑んじゃえました。
中段用の窓は黄色矢印。そして赤が上段用。
なんだか、下段の主を守る忍びの窓、、あるいは狭間みたいですね。
でもベッドから出たら、通路やデッキで立っているしか居場所がありません。
クドいですけれど、、、横になれるシヤワセを味わうのみです。

002-1.jpg

とにかく、、なんとも懐かしい車両です。
京都の鉄道博物館に実物が展示されているそうで、
お借りした写真も、それを撮影したものだと思われます。
京都に行く機会があったら、ぜひとも訪問し、感慨にフセってみたいですよ。
今となっては叶わぬワガママを言わせていただければ、、、、
実際にコレに乗って、またまた北海道や九州に旅立ちたいです。。(遠い目)

large_kytpp_05.jpg

☆印の写真・・・「乗りものニュース」より借用
★印の写真・・・「座席探訪 -陸海空 のりものキャビンカタログ」より借用

京都鉄道博物館 公式サイト

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    今晩は!
    いや~あっ、懐かしい寝台特急の写真を有難うございます。
    70年頃は関西発着の特急の電車寝台は少なく「明星」しか記憶にありません。
    日本海、あかつき、など列車寝台が主流でルールに平行だったので、揺れが酷かったのを覚えています。
    2022年11月27日 21:09
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    大阪発の西鹿児島行き「なは」に、東京から新幹線で追いかけて乗った事がありました。
    今や、殆どの寝台列車はプレミアム列車。。
    ウン十万コースですもんね。乗れません。。
    2022年11月28日 10:19
  • shadom

    こんにちわ^^)) なつかしい583系ですね ^^)) 私もすごく好きな車両でした ^^)) この車両に寝台として2回、日中運用で2回乗ったことが有ります ^^)) 特に最後のラストランの時は、秋田でレンタカーを借りて青森まで追っかけました ^^)) そろそろ年末年始に近づいているので、583系特集記事でも作ろうかしら?^^));; 既に1/2日までの記事は作成済みで、毎日配信できるように仕向けておりますが、年末は忙しくなるので、そろそろ特集版を作り置きしておかないと.... ^^));; 1月中旬頃を目途に、他サイトへblogを移設できるよう準備しようと思います ^^))
    ウェブリブログ:1月下旬に終了してしまうのが、何よりとても悲しいです ~~));;
    2022年11月28日 12:07
  • おぎひま

    shadomさん、コメントありがとうございます。

    583系の特集、激しく期待しています。
    普通列車用に魔改造された車両も見たいです。
    ウェブリブログの終了、気がつけば目と鼻ですね。
    早く引っ越しせねばです。。
    2022年11月29日 09:33

この記事へのトラックバック