トォチャンのベルサイユ焼きそば、、、、、その正体は、、


焼きそば、、、我が家では週末の昼メシに登場します。
長崎の皿うどんのような、かた焼きそばも好きなのですが、、、
マナムスメは、ソレも あんかけ焼きそばもダメなんです。。
スタンダードなソース焼きそばしか認めないんですよ。
多分、屋台などのパック入り焼きそばが刷り込まれたのですな。

TJTN6896.JPG

↑は、カミさん作のソース焼きそばです。。
↓は、塩焼きそば。いずれもマルちゃんの3食セット。
マナムスメは、塩焼きそばもウエルカムなんです。
要は、ドロっとしたのが苦手なのでしょうか。極度の猫舌だし。
でも、、スタンダードな焼きそばだけではツマりません。
たまには、トォちゃんにも焼きそばを作らせろい!!

焼きそばのリクエストがあった日、、
「トォちゃんに作らせるなら、ベルサイユ焼きそばだぞぉ!!」
などとセルフむちゃ振りをすると、、、
カミさんは大賛成! ソレにつられてマナムスメも。。
カミさんが賛成したのは、作らせとけばラクチンだと思っただけでしょう。。
ベルサイユ焼きそばのコンセプトですか? 
この時点では決まっていません。デタラメに言っただけです。
まるでデジャヴのごとく、、マハラヂャ炒飯と同じ展開ですね。。

UQUM3750.JPG

えっと、、どうしまひょ。
ベルサイユはフランス、、、要はフランスっぽい焼きそばにすればイイのですな。
ネットで検索したところで、、そのようなモノは見つかりません。
ならば、、、ケーキを乗っけてマリー・アントワネット風とか。。
ダメダメ!! そんなん食べる気になりませんでしょう。ウップ。。
そ、そうだ!! アレでいきまひょ!
さっそく、3食入りの塩焼きそば、ナス、玉ねぎ、ピーマン、トマト、肉、ニンニク、、、
そしてズッキーニを用意しました。

LBSB8549.JPG

狙ったのは、、ベルサイユならぬラタトゥイユ。
フランス南部・プロヴァンス地方の郷土料理です。
簡単に言えば、、、野菜のトマト煮ですね。
ラタトゥイユは、2年前の秋に初めてチャレンジしたと思っていたのですが、
さらに その2年前、、マナムスメ用にアルルの女弁当の一部として作っていました。
その時のラタトゥイユは、↓こんな感じです。

aru2.jpg

そして、これが完成した「アルルの女弁当」。
「マルセイユ仕立てのカマンベールおにぎらず」と「鶏胸肉のラタトゥイユ」の組み合わせ。
アルルは、南フランスのプロヴァンス地方の都市です。
ソコを舞台にした短編小説を基に、ビゼーが戯曲化したのが組曲「アルルの女」。
この「おにぎらず」と「ラタトゥイユ」の組み合わせは、
まるで「王の行進」と「ファランドール」が交互に鳴り響く、
「アルルの女」の情熱的なクライマックスを彷彿させる弁当だと思いませんか?
自己陶酔もイイカゲンにしろ?
そうします。。。
あ、ワタクシの勝手な思いつきの弁当ですから、
そういうモノが実在する前提でヒトサマに話すと、
たぶん恥をかきますよ。悪しからず。。

aru6.jpg

で、、、ベルサイユ(と称するラタトゥイユ)焼きそばのハナシでしたね。。
麺は、いつものようにサラダ油で揉み、、、
具材は塩コショウで味付け、、トマトケチャップで仕上げました。
焼きそばの麺に添付されてきた粉末ソース(塩)は、
3食分のうち2食分だけを使うのがカミさん式。
そのほうが味わいが丁度イイんですって。
残った1食分は、別の料理の味付けに使うのだとか。

SDJD4378.JPG

具材にキッチリと火が通ったら、麺を投入して炒め、、、
これで、ベルサイユ(と称するラタトゥイユ)焼きそばの完成です!1
どうです、案外とウマそうでしょ?
実は、、、ラタトゥイユ風スパゲティーなるメニューならネットで散見し、、
ソレを焼きそばの麺でやってみた、、それがコイツの正体です。
でも、、、、おいしおすえ!!

GESP9994.JPG

汁っ気を少な目にしたのは、ドライな焼きそばを好むマナムスメへの忖度です。
どうです、マナムスメさん、トォちゃんのベルサイユ焼きそばは。
すると、、答えたのはカミさん。
「美味しかったけど、、、、、」
け、け、けど? がつくのですか。。
そ、その後は、もう分かってます。
わざわざテマヒマをかけて作るほどの事は。。。
そう言うんでしょ?
確かに、これまでも、、、
妙な料理を思い付きで作っては、そのままお蔵入りしています。。。
ぐすん。。

BYGD1781-1.jpg

【過去記事 トォチャンのインチキ外国料理】
「牛肉のケバブ風」「タヴック・チョルバス」「シガラボレイ」(トルコ)
「バディムジャン・ドルマシ」(アゼルバイジャン)
「豚肉のザワークラウト焼き」(エストニア)
「スープルィブィヌィイ」(ラトビア)
「ツェペリナイ」(リトアニア)
「ビリヤニ」「タンドリーチキン」(インド)
「エストファド」(ペルー)
「豚肉のポリネシアン風」(ムー大陸)
「クビデ」(イラン)

この記事へのコメント

  • かにょにょ@横歩き

    ?ナイス!
    食べてみたいですー真似しよう。。。
    2022年11月18日 15:06
  • ジュン

    《作らせとけばラクチンだと思っただけでしょう》
    納得!
    素晴らしい工夫
    料理出来ない夫に
    爪の垢をいただきたい
    2022年11月19日 13:39
  • おぎひま

    かにょにょ@横歩きさん、コメントありがとうございます。

    手間の割には、、、、、報われないかもしれません。
    パスタのほうが良いかもです。
    2022年11月19日 16:14
  • おぎひま

    ジュンさん、コメントありがとうございます。


    それでは、クール便で送らせていただきます。
    ウソです。。
    どのみち、、、大したモノは作れません。。。。
    2022年11月19日 16:32
  • 山ちゃん

    こんにちは!
    いや~あっ、素晴らしい発想に座布団を2枚!
    ビールのお供にはタバスコが入りましょうか(^_-)-☆
    2022年11月20日 10:21
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    タ、タバスコですか!
    こういう系列の時は、ワインがイイですね。
    我が家の場合、、箱の安いやつで十分です。
    2022年11月20日 10:28

この記事へのトラックバック