2021年末は志賀高原【2】お泊りは、高天ヶ原のサニー志賀(長野県山ノ内町)


志賀高原・ブナ平スキー場に、突如誕生した新ゴンドラ。
かつての4人乗りリフトをゴンドラに架け替えた模様です。
これで、蓮池にある山の駅と東舘山山頂が、
3基のゴンドラで結ばれた事になります。
おニューのブナ平ゴンドラで発哺温泉に降り立てば、、、
オナジミの岩菅ホテルが目の前にそびえていました。
残念ながら、、今回は満室で泊まれなかったんです。。

WXGP0213.JPG

気を取り直して、昔っからの東舘ゴンドラ(たまゴンドラ)に乗り換え、
東舘山のテッペンを目指しました。
吹雪の1歩手前といった感じの風雪なので、
ゴンドラの中は、狭いながらもホッと一息の空間です。
この時点で、本隊の残り2名の姿も見えなくなり、、
行動しているのは我が家の4名だけになりました。。

MEKW6491.JPG

標高1900mほどの東舘山頂駅に到着。
看板には2000米とありますけれど、
実際にはソコまで高くありません。
山としてのホントの山頂は、、、
ゲレンデから外れた所にある、1994mのピークです。
さあ! ココから高天ヶ原のゲレンデを満喫しましょうね!
オニのコブ斜が待っていますよぉ!!

UOLI9945.JPG

などと言いつつ、、、、
ワタクシとマナムスメは、1本だけ滑ってリタイア。。
寒いわ視界が悪いわで、もうメゲた訳ですね。。
自慢のコブ斜は、新雪に埋まってヤワヤワですし。
今回の宿、サニー志賀に飛び込み、、、チェックイン。
結果的に、最終リフトまで滑り続けたカミさんと長男坊の分まで、
一時置きの大広間から部屋まで荷物を運び入れた、ケナゲな父娘でした。。

ORTB3096.JPG

このサニー志賀と言うホテル、、、泊まるのは初めてになります。
大きな吹き抜けがある、明るくて開放的な構造で、
建物を比べると、岩菅ホテルよりもずいぶんとリッパですね。
冬場はキャタピラの送迎が必須な岩菅ホテルとは違い、
直接クルマで乗り付けられるのもラクチンです。
前日から泊まっている本隊からの報告によれば、、
メシは、質量ともに、岩菅ホテルよりも大いに落ちたそうですが。。。

DVWO4541.JPG

実は、このホテル、、
かつて、チョコっとお世話になった事があるんです。
4年前に、朝メシを買い損ねたまま志賀高原に入った我が家。
志賀高原内にはコンビニは無く、早朝から開いている店などありません。
ゲレ食のレストランが開店する9時とか10時まで、飢えて待つしか無くなったんです。
ダメモトで、通りがかりに高天ヶ原あたりのホテルを覗いてみると、、、
サニー志賀の売店で、カップ麺を発見!!!
宿泊客の朝食準備で忙しい時間帯にも関わらず、
食堂に通され、お湯まで分けてくれたんです。
その時の借りを、やっと返す事が出来ました。

UYVF2786.JPG

部屋は、まさにゲレンデフロント。
駐車場と道路を挟んじゃってますけれど、
なかなかイイ感じです。
晴れていたならば、東舘山の山頂まで見れたかもしれません。

YCRO8586.JPG

荷物を運びこんだら、、、ソッコーで風呂へ。
嬉しい事に。24時間入浴が可能なんです。
温泉では無いと思っていたのですが、、、
入湯税150円を取られましたので、どうやら温泉なのですね。
その名もズバリ、「高天ヶ原温泉」と言うそうです。

IBDA6918.JPG

浴室は、こんな感じ。
早朝、誰も居ない時間帯に撮りました。
露天風呂は無く、、サウナは休止中。。
でも、十二分にキモチ良いです。
冷えた体には、ヌクモリが染みわたりますねぇ。。。

VRRB4944.JPG

オタノシミの晩メシは、、鍋でした。
4人で、ひと鍋。
それと、、豚のソテーですね。
ちょっと貧弱そうに見えますが、、、、

KEAQ0281.JPG

肉じゃがとスパゲティー、サラダ、、、
これらがセルフで採り放題でした。
前日から泊っている本隊からの報告通り、、
岩菅ホテルのメシに比べたら、確かに見劣りしますね。
でも、、物量的にはコレで十分ですよ。
ワタクシもカミさんも、、もう昔のように食えません。

LZYO1469.JPG

鍋も煮えてきました。
「日替わり鍋」との事ながら、
説明が無く、これが何鍋なのかは判りませんでした。
寄せ鍋? ちゃんこ鍋?
そのように考えておけば、ハズレでは無いでしょう。
シメの雑炊も食べましたよ!
生玉子が欲しかったです。。。
さすがに、調理売り場に押しかけて「くれ」とは言えませんよね。。

HCXM8941.JPG

冷酒は、山ノ内町の地酒、、玉村本店の「縁喜(えんき)」。
そして、「志賀のしずく」、、、これは初めて見ました。
やはり玉村本店の製品みたいです。
飲み比べて見ると、、、
志賀のしずくのほうが辛口で、我が家の好みですね。
もちろん、2本では収まりませんです。

GSHA0995.JPG

で、一夜明けて朝メシ。
朝は、完全バイキングでした。
ワタクシが取ったのは、こんな感じです。↓
カミさんと長男坊も、どちらも殆ど同じ内容でした。
要は、、、選択肢があまりない訳ですね。。(ボソ)
ワタクシ的には、、これだけ選べれば十分です。
バイキングって、どうしても食べ過ぎちゃいますもの。。

KAVL5760.JPG

マナムスメは洋食に走りました。
パンとスープ、、、オカズをチョコっとだけ。。
物量的にはコレで十分なのだそうです。
カノジョ的に残念だったのは、、
デザートのようなモノが、全く無かった事。
晩メシのバイキングコーナーには、
サラダと共にフルーツ類もあったんですけどね。
夜の部で食い尽くされちゃったのでしょうか。。

HWJK8582.JPG

コーヒーを汲んできて、それをタシナむ長男坊。
あれ? 一緒に取って来たのは野沢菜ぢゃないですか!
なかなかエキセントリックな組み合わせですね。
あのぉ、、それは、どんな狙い、、もしくはポリシーなのですか?
「デザート、、、、のツモリ。。。。」
長男坊くん、、、アナタは前向きなヒトだ!!!

WZVE8539.JPG



この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    いや~あっ、冷えた体に温泉は最高ですよね。
    体がホカホカになって家族で鍋を囲むなんて、何鍋でもいいですね^^
    おまけに、地酒の冷酒で腹を満たすなんて流石に「おぎひまさん」家です。
    因みに、高天ケ原温泉は平成10年(1998)に掘削された、志賀高原で最も新しい温泉だそうです。
    2022年01月08日 10:59
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。


    おかげさまで、至福のヒトトキでした。
    なるほど、高天ヶ原の温泉は、割と最近なのですね。
    それで「温泉」というイメージが無かったのかもです。
    あの界隈で温泉無しでは、ハンディがデカいですもんね。
    特に、グリーンシーズンの場合とか。
    2022年01月08日 11:19

この記事へのトラックバック

  • ↓をクリックしていただけると、勘違いしてハリキってしまうかもしれません。。。
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村