裏磐梯で夫婦キャンプ【4】二人で歩こう! 五色沼湖沼群(福島県北塩原村)


五色沼湖沼群、、、いわゆる五色沼ですね。
裏磐梯の代表的な景勝地の一つだと言えましょう。
我が家が裏磐梯に来るのは、殆どがスキー目的でしたから、
五色沼巡りは未経験なんです。
(ワタクシは、大昔に毘沙門沼だけ見ています)
今回は、(キャンプ以外に)ロクに予定が無く、、、
ならば、歩いてみましょうか。五色沼を!

HEDH7720.JPG

地図の左下「五色沼入口」に、ビジターセンターと駐車場があり、
そこが五色沼巡りの拠点ですね。
いくつもの沼を巡って片道4km、裏磐梯高原駅までがトレッキングコースです。
クルマですからココまで戻って来なければならず、なので往復で8km、、、
けっこう気合が入る散歩ですよ。(我が家の場合)

WAYW1521.JPG

まずは、ビジターセンターで情報収集。
入館は無料です。
山体崩壊する前の磐梯山(左)、そして崩壊後の磐梯山(右)
この崩れた土砂が山林や川を埋め尽くし、、、
堰き止められて誕生したのが桧原湖、小野川湖、秋元湖、曽原湖、、、
そして五色沼の皆様です。
他にも無数の沼が点在し、、、、
これを土木工事でコナしたら、タイヘンな作業だった事でしょう。

DKWU4619-1.jpg

避難小屋のような三角屋根の建物がありまして、
覗いてみたら、それはバス停でした。
お! 裏磐梯高原駅まで、路線バスで行けるぢゃないですか!
しかも、1時間に1本あるか無いかの路線なのに、タイミング良くすぐに来るんです。
ならば、乗ってしまいましょうよ。
バスで裏磐梯高原に向かい、五色沼の探索路を歩いて戻ってくる作戦ですね。
そうすれば、歩くのは片道4Kmで良い事になります。

STCN4624.JPG

五色沼入口から裏磐梯高原駅までは、、えっと、、、250円。
それで4Kmの歩きを節約できるならオンの字ですよ。(我が家の場合)

FUHW2597.JPG

すぐにバスがやって来ました。
アクティブリゾーツ裏磐梯始発の、喜多方駅行きの路線です。
我が家と同じ作戦だと思われるハイカーが、20人ほど乗り込みました。

FHYA6290.JPG

バス停で4つ目、、乗車時間にして6分ほどで、
裏磐梯高原駅に到着。
「駅」と言っても、鉄道は来ていません。
すぐ目の前に、裏磐梯物産館がありまして、
ソコをひと眺めしてから、五色沼自然探勝路に入りました。

KTOI8414.JPG

いきなり姿を見せたのは、、、柳沼。
脇にヘバリついていた小さな沼は、母沼と言うそうです。
「五色沼」といっても、沼の数は5個ではありません。
あくまでも「五」は、いっぱいあるイメージなのでしょうね。

RERS0922.JPG

このような標識で、池の名前を教えてくれるのですが、、
裏磐梯側からですと、池のビューポイントを過ぎてから標識が出てきたりするんです。
ううむ。やはり、五色沼入口から入るのが王道なのですな。

JRKJ0025.JPG

ヤヤコシいので、先に標識を紹介させていただきます。
次に現れたのは青沼。
そのように名付けられた理由は、、、、

MGZC8831.JPG

ヒジョーに判りやすいですね。まったく青です。
先ほどの柳沼とは500mぐらいしか離れておらず、
どうしてこんなに色が変わっちゃうのでしょうか。
アチコチで水が流れている音が聞こえまして、
水脈は同じだと思うのですが。。

WXZB6985.JPG

次は、るり池。
という事は、、、瑠璃色なのでしょうか。

LAMN9241.JPG

おおっ! 瑠璃色だと思えば瑠璃色です。
まあ、天候によっても色は違って見えましょうし。
それよりも、、、沼越しに眺める磐梯山がイイぢゃないですか。
もう少し立ち位置を調整すれば、逆さ磐梯山も可能っぽいものの、、
実際には柵があるので、あまりウロチョロできません。
次に行きましょう! 次!
沼は、まだまだ続きますから。

EDTC6246.JPG



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック