品達で「金沢爆濃カレー麺」(金澤濃厚豚骨ラーメン神仙 品達品川店・港区高輪)

1年振りに品川でのシゴトに出向きまして、、
ヒルメシも、その界隈で喰らう事になりました。
前回はラーメン二郎品川店に行きましたっけ。
でわ、今回は、、、、
なかなか機会が無かった、品達(しなたつ)にでも向かいましょうか。
画像

品達とは、、、
2004年に「麺達七人衆 品達ラーメン」として品川にオープンした、
ラーメンのフードパークです。
その後、丼物の「品達どんぶり五人衆」と合体し、
スッキリと「品達」になったんです。
2016年には羽田にも同様の施設をオープンさせた為、
「品達品川」「品達羽田」と呼び分けられてるんですって。
ワタクシ、品達羽田の存在は知りませんでした。。。
画像

店は時々入れ替わります。
今でも「麺達7人衆」の文字が残っているものの、、
この時点(2019年6月)のラーメン店は9軒。
なんつッ亭
蒙古タンメン中本
つけめんTETSU
野郎ラーメン
せたが屋
麺屋翔
中華そば玉(ぎょく)
金澤濃厚豚骨ラーメン神仙
元祖ニュータンタンメン本舗
という訳で、、達人では無い店が2軒含まれている訳ですね。。
非ラーメンの店は3軒で、都合12件になります。(↓の写真)
画像

品達は、リッパな駅ビルの中に納まっているのかと思ったら、、、
京急の品川駅のガード下なのですね。(↓の写真)
しかも、プレハブっぽい建物ですよ。
東京駅のラーメンストリートとは大違いです。
ずいぶんお手軽な造りですが、、、
なんだか屋台っぽくて、オモシロいと言えばオモシロいです。
画像

さて。どの店で食べましょうか。
幾つかの店は、我が昼飯エリアの「御徒町ラーメン横丁」とダブっているんです。
なんつッ亭中本TETSU、この3店がソレでして、、
せっかくの品達ですので、除外しましょうか。
画像

野郎ラーメンもアキバの店で食べられますからパス。
ニュータンタンは、先々月に新小岩で食べたので外しましょう。
すると、残った候補店は、、、
せたが屋、麺屋翔、中華そば玉(ぎょく)、金澤濃厚豚骨ラーメン神仙ですな。
画像

ワタクシの食指が動いたのがコチラ。
候補の4店の中で、唯一、存じ上げなかった店、、
「金澤濃厚豚骨ラーメン神仙」です。
だって、味噌ラーメンがあるのはココだけだったんですもの。
しかも、金沢の味噌ラーメン? わくわく。
画像

メニューは、こんな感じです。(↓の写真)
圧巻なのは、濃厚味噌「炎・炙」肉盛り麺。。。
豚バラチャーシューがゴロゴロ乗っていまして、
キャッチフレーズが「金沢の奇跡」。
こ、これは食べるしかないでしょう。
エッ? 1050円?
ううむ。。。
コレを見てしまったら、フツーのヤツ、
「豚骨味噌らーめん」850円が、妙にヒンソに見えてしまいます。。。
ど、どうしましょう。。
画像

で、、、結局、コレを選んでしまいました。(↓の写真)
「金沢爆濃カレー麺」、、930円です。
だって、コレのポスターに目をやると、、(一番↑の写真)
なんだか妙にウマそうに見えませんか?
さらに
「最強の次世代ラーメン決定戦 ガツ盛り部門優勝」
なんて文字も魅力的ですし。
GWのキャンプの際、カップ麺の金沢カレー風ラーメンを食べましたが、
「金沢 = カレーラーメン」なる図式は、
もはや一般的なのでしょうか。
それにしても、、まさか、このワタクシが、
味噌ラーメンを押しのけてまでカレーラーメンを選ぶとは。。
画像

見るからにドロンドロンとしたカレーですね。
こういうカレーが金沢カレーの特徴だそうで、
この下から、フツーにゴハンが出てきそうな感じですよ。
こういうのこそ、カレーラーメンですな。わくわく。
ただし、、、スープ全部が全部、このドロドロカレーでは無く、、、
デフォの豚骨醤油ラーメンに、カレーを上掛けした感じですね。
そのあたりは、少々拍子抜けでした。
麺は博多豚骨のような細麺ではなく、中細タイプ。
茹で具合は博多風で、なかなか具合良い食感ですよ。
硬さは指定できます。ワタクシはカタメを選びました。
どうやら麺はメニューによって使い分けられているらしく、
味噌ラーメンの場合は太麺が出てくる模様です。
この麺はこの麺で、カレーとの相性も良く、
なかなか迫力のある具材と共に、キッチリと具合よがらせて頂きました。
テッペンにニンニクがデーンと乗った状態で出てきますので、
業務の都合上などの理由でソレを避けたい場合は、
あらかじめ申告する必要がありますね。
また、カレーラーメンならではのリスク、、、
ワイシャツへの飛び跳ねも注意です。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/99653.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック