19回目の結婚記念日は焼肉ジャンボ!(篠崎本店・江戸川区篠崎)

ワタクシとカミさんは、結婚19年目を迎えました。
15周年目から、ゴチソウを食べて祝うルールが定着したんです。
瑞江の割烹瑞江のイタリアン森下の桜鍋本八幡のフグ屋と続き、、
今回は、満を持して焼肉ジャンボに初訪問です。
東部地区の住民なら誰でも知ってる有名店ですよ。
今まで行かなかった理由ですか?
それは、、、値段もジャンボだからです。。
画像

週末ともなると、なかなか予約が取れない店でして、、
値段だけでなく、ソレも未訪だった理由でもあります。
今回は、夜の9時スタートでどうにか潜り込めました。
白金や本郷の支店は判りませんが、
コチラ本店は、最寄り駅から1Km以上も離れた、
陸の孤島みたいなロケーションなんですけどね。。
画像

とにかく、入店できればコッチのものです。
さっそくメニューを眺めましょうか。(↓の写真)
そこには、ジャンボな値段がズラっと並んでいるハズですから。
浮世絵風の表紙で、焼肉ジャンボの化粧まわしを着けた牛、、、
そこからもゴージャス感がアリアリと伝わって来ますよ。
画像

上タン塩:2500円
タン塩:1500円
ロース:1250円
カルビ:1250円
ハツ:1080円
ハラミ:1800円、
いずれも、一皿の価格です。(↓の写真)
ね? ジャンボでしょ?
画像

さらに、、、(↓の写真)
岩中豚のカルビ:800円
レバ焼:1200円
上ミノ:1000円
ミノサンド:1200円
ホルモン:1000円
コブクロ:900円
センマイ焼:1000円
こうなってくると、、、
六文そばのゲソ天そばの20円値上げを嘆いている事が、
とっても馬鹿らしく思えてきますよ。
画像

さっそくタン塩を注文すると、、、
前々の客の分で売り切れとの事。。。
「タンカルビならある」
との事でソレにしたら、、、
店員さんが焼いてくれるサービスつきでした。(↓の写真)
その時は判らなかったのですが、後に調べたら
「タンカルビ = タンのうちでも最上級の稀少部位」
なのだそうで、、、
果たして、いくらだったのかしらん。
ぶるぶる。。
画像

続いてロースが登場し、ここからは自分焼きです。(↓の写真)
スーパーの焼肉コーナーから買ってくる、
お徳用パックとは明らかに肉が違いますね。
いえいえ、比べるのも勿体無いですよ。
キミタチ、ココロして食べるのだよ。
普段は、めったに食べられないんだから。。
画像

レバー、ミノ、野菜盛り、、、次々焼きましょう。(↓の写真)
ハツも食べたい? 頼みなさい。
ハラミはどうかですって?
そ、そりわ、、
画像

カルビ、ホルモン、焼きなされ焼きなされ。
結局、肉は一通り注文した感じでしょうか。
会計がオソロシくなりつつ、、、
JINRO、おかわりぃぃぃぃ!
画像

もちろん、JINROを呑むのはオトナだけ。
コドモ達はゴハンに決まっています。(↓の写真)
長男坊は中盛り、マナムスメは小盛りを頼みました。
ゴハンでオナカが一杯になったら勿体無いですもん。
画像

ところが、、、、
このようなモノまで登場しました。。
焼肉屋でオムライス、、、ヘンですよね。(↓の写真)
なぜソレを注文したのかですって?
社長さんのオススメがあったからです。
焼肉ジャンボの社長さん自ら
「ウチのオムライスは日本一だ!」
などと聞かされれば、注文するしかないでしょう。
画像

ふわんふわんな玉子に、濃厚デミグラスソース。(↓の写真)
そして、何よりもヨソと違うのは、、、、
牛肉がゴロゴロと入っているんですよ。
シャチョー、ウマいです! マチガイございません!
でも、、、一皿1200円。。
これまた値段もジャンボです。。
画像

社長ったら、なかなかオチャメな御仁でして、、、
あの手この手で、客席を盛り上げたりしていました。
我らがテーブルでは、手品を披露。(↓の写真)
これがまた、なかなか本格的なんですよ。
サイコロマジックでしたが、全くタネを見抜けませんでしたもの。
画像

どれだけトォチャンの出費が嵩もうとも、デザートは必須。。
イチゴとマンゴーシャーベット、、どちらも580円です。(↓の写真)
どうぞどうぞ、ご自由に楽しくお食べくださいませ。
トォチャンは何もモンクはホザきません。
すでに、金銭感覚がマヒしつつありますので。。
画像

そしたら、、、
さらに、もう一品。
プリンのようなモノが出てきました。(↓の写真)
これは社長からのオゴリだそうです。
シャチョー! ありがとう! アナタは素晴らしい!
そのうち、宮尾すすむさんが取材に来るかもしれません。
画像

なんと、社長のフィギャーが飾られていました。(↓の写真)
社長は、焼肉業界の巨匠なのだそうですよ。
肉に対する思い入れと意気込みはハンパ無いとの事です。
それは大いに納得できました。
肉のウマさって、やっぱり値段に比例するものですね。
画像

かくして、我が家の19回目の結婚記念日は終了しました。
来年は20周年、、、
金婚式とか銀婚式とか、そういう言い方をすると、
20年目は磁器婚式(陶器婚式)に当たるそうです。
陶磁器などを送るのが一般的なのだそうで、、
ならば、最近割れちゃった急須でも、、、
それは来年まで待てませんよね。
で、ゴチソウは、どこで何を食べましょう。
むしろ、どこぞのキャンプ場で野外料理にでもしましょうか。
あるいは、健康ランドでドンチャンやるとか。
我が夫婦の馴れ初め的には、そのほうがお似合いかもしれません。
画像

焼肉ジャンボ篠崎本店 公式サイト:
https://yakiniku-jambo.com/honten.html

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    19回目の結婚記念日おめでとうございます🎊
    焼肉が噛める内にと思いつつミノなどは昔話になってしまいました。
    2019年06月26日 11:07
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    ホルモン系は、比較的安価なので重宝します。
    我が家の二人たちも、頑張ってカヂリついていました。
    早く稼ぐようになって、
    トォチャンに上タン塩をゴチソウしてもらいたいところです。
    2019年06月27日 05:40

この記事へのトラックバック