らーめん天神下 大喜、、、移転しました(台東区御徒町)

湯島天神のお膝元の人気店だった天神下大喜。
その名の通り、天神下交差点の最寄でした。
5月末、、蔵前橋通り沿いの台東2丁目に移転オープン!
さっそく、出向いてみた次第です。
5年前、冬季限定の味噌を食べて以来です。
もちろんウマかったですよ。
画像

新しい大喜は、こんなオモモチです。(↓の写真)
看板を見ると、屋号は「天神下」を冠したままなんですね。
慣れ親しんだ店名でしょうから、いきなり「鳥越横 大喜」って訳にはねぇ。。
外装も内装も、さすがに真新しいですが、、
カウンター席だけになってしまった為、
旧店舗に比べてずいぶんコジンマリとしてしまった感はあります。
画像

メニューは、こんな感じです。(↓の写真)
「とりそば」850円、「うしおそば」900円、、
やはり塩ラーメンがメインですね。
それと醤油系は
「醤油らーめん」780円。
「納豆らーめん」も、キチンと受け継がれていました。
もしや、、と期待した、味噌ラーメンはありません。。。
画像

ランチタイムの「ごはん」は50円。
なんだ、無料ぢゃないのか。と思ったら、
「ちゃーしゅー佃煮つき」とあるんです。(↓の写真)
な、ならばソレを頂きましょう。
平日11時から14時半のサービスですよ。
画像

卓上のイヂクリグッズは、こんな陣容です。(↓の写真)
ラーメンに使おうとしたら、コショウだけ。
あとは醤油、ラー油、酢、、、
餃子用のタレのセットだけですな。
そのままウチの味でお楽しみくださいなんて感じで、
いかにもコダワリの店っぽさが感じられますとも。
画像

登場した「醤油らーめん」780円。(↓の写真)
麺は太/細を選べましたので、もちろん太いヤツをお願いしました。
ココは塩がウリの店だとは存じていますが、、
ワタクシ、どうにも塩ラーメンとかタンメンってヤツは好みませんで。。
だって、なんとも味気ないモノが多いんですもの。
コチラのソレは違うかも知れませんが、、
やっぱり無難に醤油を選んだ次第です。
もちろん、メニューにあれば味噌にしましたが。。
画像

さっそくスープをススれば、、、
王道的なカツオの気配、、、ソレがズーンとくるんです。
アレやコレやと狙わない、マジメで手堅い路線ですって。
当然ながら確実にウマく、、、まさにコレって感じでしょうか。
太い平打ち麺も、ややヤワ目ながら具合よく、
スープの中に、キラっと光るモノがありますよ。(↑光の加減です)
な、なかなかヤりますな。大喜。
イロモノ抜きのフツーさだけで満足させるって、むしろムツカシい事ですよ。
コチラのラーメンには、ナントカ魔球もカントカ打法も要らないんです。
そうそう、ワタクシが他サイトに投稿した味噌ラーメンの感想を読み返しても、
フツーさを楽しんだような事を書いていました。。
https://ramendb.supleks.jp/review/698920.html
画像

「ごはん」50円は、こんな感じです。(↑の写真)
佃煮チャーシュー、なかなか味わいが濃ゆいです。
コレだけでゴハンを何倍も、、って程では無いものの、、、
合間合間にスープをススれば、もうゴクラク級の味わいですね。
繁華街から外れてしまったにもかかわらず、
キッチリと行列店の地位を維持しているのはリッパです。
ワタクシの訪問時は3人待ちでしたが、、
後に列はズンズンと成長しました。(↓の写真)
画像

店の近隣の軒先には、いくつもの提灯の姿が!
なるほど、鳥越神社の「鳥越祭」の時期ですな。(↓の写真)
神田明神神田祭りは終わってしまいましたが、、、
鳥越際は6月のアタマでしたよ。
コチラのお神輿は、都内でも最も重いソレだと言われているそうですので、
さぞや勇壮な光景となりましょう。
ちなみに、、、、
湯島天神のお祭りも、もう終わっています。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/99268.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

魁 肉盛りつけ麺 六代目けいすけ(文京区湯島)
Excerpt: この日のヒルメシは、御徒町。 「冬季限定・味噌トマト麺」なるモノを求めて、 上野広小路の店まで出向いたのですが、、、 たまたまその日は500円セールをやっていて、大行列。。 思わず逃走し、コチラに出向..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-12-16 09:32