早春の房総・勝浦~館山【3】初鰹と佐賀明神丸(千葉県勝浦市)

勝浦でのおシゴト。
勝浦港では、初鰹(ハツガツオ)の水揚げが始まりました。
本格的なシーズンまでは、まだまだ早いでしょうか。
アタリマエですが、ハツガツオなる魚がいる訳ではありません。
春に、北上していく鰹が「初鰹」。
秋になり、南下してくる鰹が「戻り鰹」です。
画像

北の海で過ごしてきた戻り鰹のほうが脂が乗って美味いと言いますが、
初鰹は、むしろ引き締まり感がイイという意見もありましょう。
初モノは目出度いという風習から、アリガタがられるのも初鰹でしょうかね。
いよいよ水揚げが始まりました。(↓の写真)
カツオ船の船首側には釣れた鰹を入れる冷蔵庫がありまして、
その位置に、陸側からベルトコンベアがかけられます。
画像

ベルトコンベアに鰹を乗せるのは手作業。
なかなかタイヘンですよ。
陸側で、ベルトコンベアに張り付いているのは、漁協の人々。(↓の写真)
鰹姫がバージンロード(コンベア)を進んでくるのを待ち構えているところです。
画像

いくつものハカリが用意されていまして、、
鰹姫さま達は次々と体重を計られ、、、、
重さごとにクラス分けされ、それぞれの水槽にブチ込まれてしまうんです。(↓の写真)
初鰹ならではで、ガタイのバラつきが大きく、、、
まさにマグロ級のヤツからサバ級のヤツまで存在していました。
画像

おっと、2隻目のカツオ漁船が入港してきました。(↓の写真)
船首側が長いのは、カツオ一本釣り漁船ならではの構造ですね。
ソコに漁師がズラっと並び、一斉に竿でカツオを釣り上げる為でしょう。
画像

この船は、、、、第83佐賀明神丸。(↓の写真)
高知県黒潮町に所属する鰹船ですが、、、
業界ではカリスマ的な存在の船なんです。
一本釣り漁船としては何年も水揚げ日本一を続けていまして、、
数々のドキュメント番組でも取り上げられていますね。
この日も、3組ほどのテレビクルーが入っていました。
画像

船上に立っている御仁が、主役である明神漁労長。(↓の写真)
斬新な機器類や型破りな発想を駆使し、No.1の座を譲らない存在なのだとか。
でも、すんごいイイ人ですよ。飾らないし威張らないですし。
ちなみに、漁船の中で、一番エラいのは船長ではありません。
漁の最高責任者である漁労長がイチバンなのです。
業界では漁労長などとは言わず、ズバリ「船頭」と呼びますね。
画像

水揚げは、およそ1時間はかかりました。
その間、レーダー類をキレイに手で磨く乗組員の姿が。(↓の写真)
こういうひと手間が、鰹の水揚げ量に繋がっているのかもしれません。
この船の人々は、みぃんな優しくて良い人でしたよ。
儲かる船だからこそ、良い人が集められるのかもしれません。
難点を言えば、、、土佐弁がちょっとムツカシかったです。。
画像

さて。
勝浦を後にし、館山に移動する事になりました。
もちろんソレも、オシゴトです。
移動中に通りかかった、安房鴨川の亀田病院、、、(↓の写真)
ヒジョーに懐かしいです。思い出アリアリです。
ずいぶん前、、、、
勝浦と鴨川の間に、小湊という街がありまして、、、
ソコに、「ファミリー・フィールド小湊(F2小湊)」というオフロードコースがあったんです。
名前に反して、ぜんぜんファミリー向けぢゃないんですよ。
果敢にバイクで挑むも、見事に崖落ちし、、
亀田病院に運び込まれ、1ヶ月ほど入院したんです。
そのあたりの様子はコチラをご覧くださいませ。
(ワタクシのメインサイトです)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ogihima/menu/menu7/kamogawa.htm
画像

【その2】佐良屋で勝浦タンタンメンに戻る
【その4】哀愁の館山港にアレが来た!に続く

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

早春の房総・勝浦~館山【4】哀愁の館山港にアレが来た!(千葉県館山市)
Excerpt: 外房の勝浦から、内房の館山に移動してきました。 イチオウは房総半島横断で、距離は50kmあまり。 時間にして、クルマで2時間ほどの行程です。 活気ある漁港だった勝浦港とは違いまして、、 なんだかコチラ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2017-03-08 07:35

すし銚子丸みずえ店で、受験終了慰労会(江戸川区瑞江)
Excerpt: 高校受験に挑んだ、我が家の長男坊。 何やかんやで、全ての入試は終了しました。 通う高校は、最後に受けた試験の結果待ちではありますが、、 もうジタバタしても仕方ありませんので、 とにかく受験終了のお祝い..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2017-03-14 05:27

南三陸・島巡り【6】上陸!寺間港、、、出島1(宮城県女川町)
Excerpt: 今回の旅の、3つ目の島は出島。 読みは「いずしま」、、やはり牡鹿諸島の一員です。 江島からの高速船で、およそ20分。 出島には2つの港、、「寺間」と「出島」とがありまして、 高速船は、いずれにも寄港し..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2017-05-16 05:57

秋の気仙沼【2】気仙沼港の主役たち(宮城県気仙沼市)
Excerpt: 気仙沼港は、東北一の漁港です。 カツオの水揚げ量は日本一を誇り、、 マグロ船の基地でもあるんです。 もちろんサンマも揚がりますよ。 まだまだ復興工事の最中ではありますが、、、 とにかく活気に満ちていま..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2017-10-04 05:36

  • ↓をクリックしていただけると、勘違いしてハリキってしまうかもしれません。。。
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村