チラナイサクラで信州ご当地ラーメン(台東区御徒町)

この日のヒルメシは、御徒町のガード下。
御徒町ラーメン横丁に出向いてみました。
蒙古タンメン中本なんつッ亭などが軒を並べるアソコですね。
で、ノレンをくぐったのは「チラナイサクラ」、、長野県からの進出店です。
先週は長野での法事に出向いたりしたものですから、
コチラで信州ご当地ラーメンを食べるのも、ひとつの縁でしょう。
画像

この店の方向性は、コダワリの醤油でジックリと味あわせる感じでしょうか。
メニューも、基本となる部分は案外とシンプルです。(↓の写真)
ワタクシが狙う「信州ご当地ラーメン」は、、
「王様中華そば」というのがソレに当たる模様です。
画像

その「王様中華そば」は750円。(↓の写真)
基本メニューであると思われる「中華そば」と同額なのですね。
ちなみに、、
この店を営む「ボンドオブハーツ」という会社は、他にも
「気むずかしや」「笑楽亭」「けん軒」「烈士洵名」「ブタドラゴン」なる屋号を掲げてます。
都内の本枯中華そば 魚雷江戸川ヌードル悪代官も同社の店。
ソレは知りませんでした。
意外な事に、肉玉そば おとどもコチラのFC店なのだとか。
画像

で、コレが信州ご当地ラーメンと自称する「王様中華そば」。(↓の写真)
ドサっと乗せられたド太いネギが印象的ですね。
そのあたりが長野とは結びつきませんが、、、
肉(チャーシュー)とネギの組み合わせってのは、なかなかイイものです。
すき焼きや回鍋肉だってソレが大事ぢゃないですか。
さっそくスープをススると、、、、
おおっ、スパイシィィィィィ!
なんだか、親の仇のようにコショウが効いています。
このあたりも信州チックではありませんが、、
なんとも背筋が伸びるウマさですね。
歯応え良好な麺、、、そしてシャクシャクなネギ、、、
ネギは辛味が全く無く、これは食べ手を選びませんね。
久々に、ココロに染みるウマいラーメンを食べた、、、ってなキモチになりました。
画像

アナドレませんですぞよ、この店は。
中身や満足度の割にはリーズナブルですし、、、
和風仕立ての内装もコギレイで、
スタッフのオネェサンがたが和服で立ち振る舞ってる姿もナニですよ。
でも、、この日がたまたまだったのか、、
妙にガラガラな店内が気になりました。
駅からも近く、並びの中本は外待ち客まで出ていたのに。
屋号のとおり、頑張ってくださいませ。
そうそう、長男坊の受験も佳境に入ってきまして、、
明日は私立高の入試です。
滑り止めとは言え、、、いえいえ、ソレだけに合格しなかったらヤバい事になりますよ。
この店の屋号に、バッチリあやかりたいところです。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/80243.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

中華そば青葉、、 ラーメン横丁の重鎮です(御徒町店・台東区)
Excerpt: 「中華そば青葉」と言えば、東京ではの大物老舗。 中野の本店を祖として、、今や20を超える支店を構えています。 ラーメンの方向性は、、、 東京ラーメンと博多豚骨のイイトコドリだと言われています。 有名店..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2017-09-26 07:11

10月限定・黒カレー、、、つけめんTETSU御徒町ラーメン横丁店(台東区)
Excerpt: あおば、中本、なんつッ亭、チラナイサクラ、そしてコチラ。 5店がシノギを削る、御徒町ラーメン横丁で、、 ワタクシが唯一、未訪なのがコチラでした。 屋号に堂々と「つけ麺」と掲げられると、、、 殆どソレを..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2017-10-20 07:20

祝・令和 復活、冷やし担々麺(なんつッ亭 御徒町店・台東区上野)
Excerpt: 豚骨黒マー油ラーメンの雄である、「なんつッ亭」。 その御徒町店限定で、冷やし坦々麺が登場との事で、 御徒町でのヤボ用に絡めて出向いてみました。 サブタイトルは「うまいぜベイビー」という判り易さ。 ネッ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-28 06:04