ブラボー三宅島【9】ランチグルメ2「ふるさと味覚館」「レストラン海楽」

三宅島でのヒルメシ、、、、その続きです。
阿古地区の店ばかりが続きますが、、、、
我が家の宿がソコですから、ついつい集中してしまいました。
もっとも、阿古地区以外は飲食店自体が少ないですが。。
空港や港を抱える三池地区は火山ガス高濃度地区である為、、、
噴火後、再開できていない店もあるのかもしれません。。
画像

ふるさと味覚館(阿古地区・ふるさと体験ビレッジ内
4日目のヒルメシはココ。
公共系の店でして、同じく公共系の立ち寄り温泉「ふるさとの湯」に隣接しています。
店内はコギレイでメニューも充実、、、公共系ですもんね。。
海っぺりで眺望も良く、、、、
ソレを眺めてひとっ風呂、引き続きソレを眺めながらメシ、、、なんてのもイイかもしれません。
画像

メニューは、こんな感じです。(↓の写真)
黙っていても誰かしらがラーメンを頼んでしまう我が家ですが、、、、
ココにはソレがありません。ケケケケケ!
さあ、観念して海の幸(または地のモノ)を堪能しようよ、キミたち!
画像 画像

でも、、
長男坊の注文は「カニクリームコロッケ定食」950円。。
マナムスメの注文は「鶏の唐揚定食」900円。。
(↓の写真)
おいおい、ハナシを聞いているのか! ハナシを!
カニは海のモノでしょうけれど、三宅島とは(たぶん)無縁ですって。
よ、ようし、判った。
そうやって、本土から運ばれてきたものを啄むが良い!
画像 画像

どうだっ! オトォチャンは「地魚づけ丼」1000円だ! まいったか!
(↓の写真)
づけにされた刺身は、八丈島の島寿司が思い出され、、、
ああ、シヤワセシヤワセ。島寿司も食べたいよう。
もっとも、島寿司は辛子で食べるのに対し、コチラはワサビ。
そのあたり、双方の文化の違いなのでしょうね。
画像

どこに行っても地のモノにコダワリを見せるカミさんは、てっきり
「海の幸気まぐれパスタ」1200円でも選ぶのかと思っていたら、、、
おっと、オススメmenuなるモノを手に取ってますよ。(↓の写真)
ランチメニューの他に、そのようなモノがあったのですね。
ま、まさか、、くさやですか?
画像

で、結局カミさんが選んだのは、、、
「明日葉と地魚の天ぷら」1000円也。(↓の写真)
定食ではありません。単品です。
ゴハンは、マナムスメのソレを譲り受ける作戦の模様です。
どうせマナムスメ一人では食べ切れませんから。
塩が何皿も出てきて、、、、
これは魚によって塩も使い分ける仕組みなのかしらん。ゴージャスぅ!
いえいえ、ソレは違いました。
みんなのオカズ用にと、同じモノを人数分だけ出してくれただけですね。。

店舗情報:
http://currydb.supleks.jp/s/77693.html
画像

レストラン海楽(阿古地区・ホテル海楽の中)
5日目のヒルメシはコチラ。
本来なら前日の昼に東海汽船・橘丸で島を後にしているハズの我が家ですが、、、
まだまだ、島内でメシを食ってます。。台風11号、ありがとう。トホホ。。
この日はソレの影響か、朝から雨がドワワっと降ったり止んだり。。。
すでにレンタカーも返してしまっていて足も無く、泊まっている民宿のすぐ近くの店を選びました。
ホテル海楽の食堂が、外部の客向けにレストランも営んでいるのです。
画像

前日の船が欠航、、この日の船も欠航、、そして翌日の船も欠航が決定、、、
そんな状況ですから、食材の在庫がピンチなのでしょうか。
この日は「昼は一部のメニューのみ提供。夜は営業しません」
なんて状況になっていました。
やはり、宿泊客のメシを優先せねばならないのでしょう。
提供可能なモノの限定メニューがコチラです。(↓の写真)
画像

長男坊は「鶏の唐揚げ定食」900円。。(↓の写真)
前日、ふるさと味覚館で、マナムスメが同じものを食べています。
その際、どうせマナムスメは食べきれないだろうとオコボレを期待していた長男坊ですが、、、
確かに残しましたが、大好物の唐揚げだけはキッチリと食べきっちゃったのです。
そんな因果から、何としても鶏唐を食べたかったんですって。
良かったね、長男坊。
どうせ、この日のメニューには地の物はありませんですし。
漁船も、ここ数日は出港出来ないでいる模様です。
画像

マナムスメは、、、、出たなぁ!「ラーメン」800円也!(↓の写真)
まあ、このメニューですとコレが無難かもしれません。
離島価格なのは仕方ないといたしまして、、、、
タップリなメンマに味玉、チャーシュー、なかなかタノモシき陣容ですよ。
ただし、、、マナムスメはメンマは全て残しました。苦手なのだそうです。
ついこないだまでは、むしろ好きな具材だっただけにフシギです。
画像

カミさんもラーメン系、、「チャーシューメン」1000円也です。(↓の写真)
アブラを排除した昔ながらのモッチリしたチャーシュー、、、
三宅島ではコレが主流なのでしょうか。
サンプル数が極めて少ないので、断定は出来ませんですね。。
画像

ワタクシは「チキンカツ定食」800円。(↓の写真)
肉っけに魅せられてしまった訳ですね。
なぜか、おでんまで付いてきていますよ。
これは、離島価格を脱したコストパフォーマンスのようにも思えます。
ああウレシいなっと。
もし味噌ラーメン(ソレのチャーシューメン仕様)があったら、、、
おそらくソレにナビいてしまったかもしれません。

店舗情報:
http://ramendb.supleks.jp/s/77692.html
画像

さて、翌日のヒルメシ事情は、なかなか厳しい事態が予想されました。。。
それどころか、、、本来、翌日からはカイシャでシゴトのハズだったんですけどね。。

ブラボー三宅島【8】ランチグルメ1に戻る
ブラボー三宅島【10】三宅島の民宿に続く

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

  • ↓をクリックしていただけると、勘違いしてハリキってしまうかもしれません。。。
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村