津軽海峡、船の旅

かつて、本州から北海道へ渡る為の主役は、青函連絡船でした。
ワタクシも何度もお世話になりました。
青森駅に降り立った途端、連絡船の良い席をゲットしようと、
誰もがダッシュで船に乗り込んだものでした。
いざ乗船したら大広間に大の字に寝転んで我が陣地をゲット。
それから船内レストランで「海峡ラーメン」などをススるのです。
ああ懐かしい。
さてさて、今は無き青函連絡船の風情を偲ぼうと、
「道南自動車」というカイシャのフェリーに乗り込んで見ました。

画像


結論から言うと、やはり飛行機やJRの海底トンネルには叶いません。
もちろんイニシエの連絡船にも。。。
青森駅と一体化していた青函連絡船の乗り場とは程遠いフェリー乗り場までは、
とても歩けたものではありません。
これは下船した函館側も同様でして、共にJRとの乗り継ぎは極めてヤッカイです。
もやは、そういう客には期待していないのでしょう。

近代的なフェリーターミナルには、超高速フェリー「なっちゃん」が横付けされていました。
ケッタイな形のデカい双胴船でして、
すぐにでもクルマを積み込めそうにスタンバっているものの、
業績不振で今では運休中です。

画像



近代的なターミナルで待つ事しばし・・・・
しかし我がフェリーは、ココからの出航では無いとの事。
乗船手続きをすると連絡バスに載せられて岸壁に移動。
ちなみに、バスには我が家しか乗っていません。

待ち構えていたフェリー、極めてチンチクリンぢゃないですか!
「フェリーえさん」と記されたソレは、どうやら貨物船の改造型。
旅客定員80人というコジンマリとした船でして、
客室は事実上1室のみ。売店も何もありません。

ベビーカーまで含む2人の子連れを哀れに思ったのでしょうか。
「お客さん、コチラへ・・・・」
我が家が案内されたのは、なんと個室です。
2段ベットとソファー、洗面所までありまして、
フツーのフェリーならば1等クラスかソレ以上の部屋ですよ。
コレはアリガタく恩恵にあずかりましょう。
ウラブれた航海が、イッキにゴージャスな船旅に早変わり!
ちなみに、入口には「乗務員予備室」と記されていました。

画像


去り行く夏泊半島、津軽半島、そして下北半島・・・・
ソレと入れ替わるように近づいてくる函館山。
初めて北海道を訪れた時のカンゲキが蘇ってきました。
ああ、やっぱり船旅はサイコーです!

画像

この記事へのコメント

  • サスケ

    ホント、青森から近い北海道。ン0年前のあの旅で、よっぽど行っておけば良かったナアーと、中々行けそうで行けないこの日々に、悔んでおります。
    2009年05月31日 11:46
  • おぎひま

    サスケさん、コメントありがとうございます。
    確かに、目の前に霞む北海道、
    妙に旅愁を誘われたんでしょうね。
    今となっては北海道の玄関口は千歳に移り、
    かえってローカル都市になってしまった感のある函館ですが、
    機会がありましたら是非ともご訪問を。
    2009年05月31日 17:27

この記事へのトラックバック

函館味噌!? 麺屋のろし(千代田区・浅草橋)
Excerpt: 3月末ごろ、浅草橋界隈に誕生した新店です。 函館に本店があり、堂々と都内に進出してきた感じでしょうか。 本店の屋号は漢字で「麺屋 狼煙」ながら、、、、 埼玉を中心に、都内にも展開する人気店「狼煙」に遠..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2014-04-12 07:11

「えさん」、、、青函連絡船を引き継いでます(青森~函館)
Excerpt: ゆり丸、おがさわら丸、フェリーとしまに続くき、、 もう1つ、船旅シリーズを。。。 今年の3月、、北海道新幹線が函館まで開業ですね。 飛行機に負けっぱなしのJRも、少しは客を取り戻せましょうか。 青函ト..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2016-01-31 11:28